まぶたに合わせてメイクが変わる!?アイライナーの魅力とは?

目力MAX!!まぶたに合わせたアイライナーテクとは?!

メイクとは、自分の気になるところを魅力へと、好きなところをより美しく!が基本です。そうでなかったら、メイクをする意味がありません。シミ対策で日焼け止めを塗っているだけでOKです。アイメイクは、自分の目をどのように魅力的に変えるかがポイント。しかし、目は人によってぜんぜん違います。ですから、メイクの仕方も人によってかわってきます。アイメイクでは、まぶたの種類によってメイクを変えていきましょう。1.はっきり二重まぶたのひと二重の幅のきちんとある、はっきりとした二重の方にオススメなのは太めのアイラインです。目のフレームをはっきりさせることで、まぶたをすっきりとさせる効果があります。使用するアイテムは、ジェルペンシルがオススメです。書き足しやすく、幅の調整もしやすいです。2.一重まぶたのひと一重まぶたの人で失敗しやすいのが、せっかくラインを引いていても目を開けたときにラインが隠れてしまっていること。ラインが目の奥に入り込んでしまうと、見えなくなってしまうので目を開けたときも確認しながらラインを引いていきましょう。くっきりとしたラインを入れて、目の印象を強くしたいのでリキッドタイプのアイライナーがオススメです♪3.奥二重まぶたのひと奥二重の人は、せっかく書いたラインが隠れてしまいがち。目の印象をアップさせるなら、目のフレームをはっきりさせた方が良いでしょう。まつげの根本、まつげとまつげの間を埋めるようにラインを引いていきましょう。さらに、目尻をすっと伸ばすと目の幅も広く見えます。使用するものは、根本に書いてもにじまずまつげの間を埋めやすいジェルペンシルがオススメです。

パンダ目にならない!?アイライナーとは?

アイライナーは目の際に線を書くことですから、瞬きやほんの少しの涙(目は常に涙で保護されています)でパンダ目になりがち。でも、上に挙げたように目の際にメイクをしていかないと、ラインだけ目の辺りで浮いてしまって変なメイクになってしまいます。そこで、アイライナー選びは慎重に!書きやすさは勿論重要ですがメイク中の落ちやすさもきちんとチェックしておきましょう。アイライナーランキングの上位のものは、はやり「書きやすくパンダ目になりにくい」というものばかり。フィルムタイプのものや、専用クレンジング不要なのに擦れや皮脂・涙・汗に強いというものはたくさんあります。上位のものの中で、自分の目にあわせた種類のアイライナーを選んでください。選ぶときは、1.自分の目にあわせたメイクが書きやすいこと2.パンダ目になりにくいこと3.メイクを落としやすいことを忘れずにチェックして購入しましょうね♪アイライナーは、化粧水などと違って肌質をあまり問いません。(もちろん敏感肌の方保湿化粧品ランキングを使っている場合、アイライナーが合わなくて肌あれしてしまった・・・という方は注意して選んでくださいね)ですから、人気の高いもの=使いやすいということは多いです